1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 無痛人工妊娠中絶手術

女医による無痛人工妊娠中絶手術

無痛人工妊娠中絶手術

様々な理由で、どうしても妊娠を継続できない場合があります。
まずはご来院いただき、医師にご相談ください。

ご来院いただき、処置についての説明、子宮の形状等の診察、超音波検査をいたします。 診察ののち、手術日を決めます。

当クリニックでは、痛みのない『無痛人工妊娠中絶手術』を行っております。

妊娠の継続や出産によって母体の健康を著しく害する恐れがある時や経済的な問題がある時など、様々な理由で人工妊娠中絶を希望する場合は、できるだけ早く婦人科の診察をお受けて下さい。

ただし妊娠22週以降はいかなる場合であっても 手術を受けることはできません(母体保護法による)。
なぜなら胎児が大きくなると手術も難しくなり母体へのダメージも大きくなるためで、できるだけ妊娠12週までの早い時期に行いましょう。

無痛中絶手術当クリニックでは、妊娠11週までの妊娠初期の中絶手術を行っております。
手術時間は約10分~約15分で全身麻酔の為、痛みは全くありません。

中絶手術を受ける場合には同意書の提出が義務づけられており、既婚・未婚に関わらず本人とパートナーの署名捺印が必要となります。

当クリニック中絶手術の3つのポイント

  • 女性医師による中絶手術
  • 母体への負担が少ない、吸引器による吸引法で行ないます。手術時間半分(手術時間は約10分~約15分
  • 完全無痛中絶手術です。


※上記にあるように、中絶手術自体は10分~15分程度で全身麻酔で眠っている間に終わります
※術後、1~2時間ほどお休み頂き、帰宅できます。

中絶手術の流れ

1.手術に関するご相談 ~ 診察・検査
超音波検査により、妊娠の有無および週数を確認します。
血液検査を行います。
中絶に関するご説明と、妊娠週数などから手術日を決めます。
2.前日処置
手術日の前日に、超音波で子宮内を診察し子宮への負担軽減の子宮拡張剤を挿入します。 
3.手術日当日
完全無痛麻酔で、痛みは全くなく、約10~15分で終わります。
術後の経過を診るため、しばらくお部屋で安静にして頂き、術後のお薬と注意事項の説明をいたします。

中絶に関するQ&A

  1. 1. 妊娠週数とは何ですか?
    基本的には、最後の生理の第1日目を0日として6日までを妊娠0週、7日から13日までを妊娠1週として数えていきます。
  2. 2. 中絶すると不妊になるのでしょうか?
    心配なさらずに大丈夫です。
    ただし、以前からある感染症が悪化したり、術後のケアが不十分で感染を生じたり、中絶を複数回繰り返している場合は注意が必要です。
  3. 3. 手術を受けると決めた場合はどのようにすればいいですか?
    手術を決めた場合には同意書が必要となり、本人と配偶者もしくは相手の男性の署名、捺印が必要です。

このページの上へ