1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 頻尿について

頻尿について

頻尿について

正常な人では1日の排尿回数は6~7回であり、それ以上に排尿回数の増加したものを頻尿といいます。
頻尿には1回の尿の量も増加する多尿を伴う場合と、尿意(尿をしたくなる気持ち)はひんぱんに起こっても1回の尿量は少ない場合に区別されます。

頻尿とは・・・

膀胱の容量はふつう200~300ccです。約150ccたまると軽い尿意を、250ccたまると強い尿意を感じるようになります。

平均的な尿回数は、個人差はあると思いますが昼間は4~5回、夜間は0~2回前後です。
一日平均1,000~2,000ccの尿量がありますが、水を多量に飲めばそれほど尿の量も回数も増えてきます。さらに高年齢になれば、腎臓の尿を濃くする力(尿濃縮力)が低下するので尿の回数は多くなりがちで、とくに夜間に尿に行く回数が増えてきます。夜間に1~2回小便に起きるのは異常とは言えません。

様々な原因で、尿の回数が増えてきた状態を頻尿といいますが、昼間に8回以上、夜間睡眠時に3回以上、合計で一日8~10回以上トイレに行く方は、頻尿といえるでしょう。

頻尿は昼間や夜間を通して起こるのが一般的ですが、昼間だけ起こる場合や夜間だけ起こり昼間は普通の場合がしばしばあります。

頻尿の原因・・・

頻尿の起こる原因は、膀胱や前立腺など泌尿器系の臓器に病気になって起こるものと、特に原因がなく起こる頻尿とに区別できます。
尿の回数が多くなる場合に、他の自覚症状を伴うかどうかが原因の手がかりになる事があります。
例えば、前立腺炎や膀胱炎では排尿時の痛みや不快感や残尿感を伴うようにな症状があります。また膀胱炎や尿道炎では尿の検査で赤血球や白血球、細菌などが認められます。前立腺炎(細菌性)では前立腺をマッサージすると白血球が混入するようになります。

このように尿の性質の変化から診断できるものは、診断も比較的容易です。
尿の回数だけでなく、1回の尿量も異常に増えている場合は多尿と呼ばれ、糖尿病や尿崩症、慢性腎不全などが疑われます。

中・高年の男性で尿が出るまでに時間がかかったり、尿が出てもチョロチョロとしか出てこない時には前立腺肥大症が考えられます。前立腺肥大症では夜間に何回も小便に行きたくなります。
最も多いのは尿の回数は増えているけど、他の自覚症状はなく、尿量も何回もトイレに行くためにほとんど出ないか、出てもごく少量の場合です。

この場合、膀胱内の腫瘍などにより膀胱容量が減少してくる可能性や、子宮筋腫や卵巣腫瘍など膀胱周囲の臓器の異常により膀胱が圧迫された可能性を考える必要があります。

頻尿の治療と対策・・・

様々な検査を受診、治療をし、それでも治らない場合は、ストレスが原因であると判断します。
ストレスは、心の問題ではありますが、同時に体にもさまざまな反応を引き起す可能性があります。 自律神経の失調により、血管が縮こまり、血流が悪くなってしまいます。その事が冷え症を引き起こしたり、頻尿に繋がったりします。

しかし、ストレスを治療するためには、ストレスの原因を知ることが大切です。
カウンセリングを受けるという方法がありますが、そこまでしなくてもという場合は、まず、排尿の記録をつけてみてください。

何時にトイレへ行き、排尿しきるまでにどれほどの時間がかかったか。など、記録に残す事により、ある特定の時に限って、尿意を感じている実感がわかります。
その場合、その特定の時ににストレスを感じている可能性が大きいと思われます。

ストレスの原因がわかれば、それを取り除いたり、ストレスを軽減する方法を考えることができ、頻尿の対策になる可能性もあります。

尿失禁とは・・・

正常の排尿は、無意識の状態で尿を膀胱に保持(蓄尿)し、尿意を覚えた時、または尿意を覚えなくとも意識的に尿を排出(排尿)することができる事をいい。 
尿失禁とは、これらの機能が損なわれた状態(自分の意志とは関係なく尿がもれてしまう)を指し、加えてこれにより社会的・衛生的に支障を生ずるものと定義づけられています。

尿失禁の種類と原因疾患

種類 機構 原因疾患
腹圧性尿失禁 括約筋軽度不全のため、腹圧上昇時(せき、くしゃみなど)に少量の尿が漏れる ・妊娠や分娩(多い)
・運動不足
切迫性尿失禁 膀胱が過敏状態にあり、強い尿意により耐え切れず尿が流出する ・膀胱炎
・神経因性膀胱
・能血肝障害
溢流性尿失禁 慢性不完全尿閉で残尿量が大量になると膀胱内圧が上昇し、尿道内圧より高くなった時に尿が漏れる ・前立腺肥大症
・高度の尿道狭搾
・神経因性膀胱
反射性尿失禁 上位・下位排尿中枢の間で連絡不全があり、尿意がなく、排尿筋の無抑制収縮が起こる ・仙髄排尿中枢により上位の脊髄損傷

腹圧性尿失禁の病態

クシャミなどによる生理的な反射や階段の昇り降りなどの動作がきっかけとなり、お腹に圧力が加わったときにおきる尿失禁を腹圧性尿失禁といいます。女性の4割を超える2000万人以上が悩まされているといわれています。

なぜ女性に多いのか?・・・それは、女性特有の体の構造にあります。

尿道が短く、前立腺がないため、括約筋が弱い。
男性の尿道は25cmなのに対し、女性は4cmしかなく、尿道を閉める前立腺がありません。さらに、尿道を閉める役割をもつ括約筋がもともと弱いのです。 
泌尿器をささえている筋肉が弱い

女性には骨盤底筋群といって泌尿器をはじめ、膣や子宮、直腸などをハンモック状に吊り上げている大切な筋肉があります。女性の陰部は、尿道口や膣口も含めて男性のそれと比べると「開く」構造になっているため、どうしても筋肉をひき締める力は弱くなってしまいます。

いったん筋肉が緩むと、膀胱や尿道は、お尻のほうへ下がりぎみになります。その結果、尿道の閉まりが悪くなり、尿がもれやすくなります。
骨盤底筋群は、特にお産や肥満によって、また、歳をとるにつれて緩む傾向があります。

膣と子宮の存在
子宮は膀胱にのしかかるように、膣は尿道に寄り沿うように位置しています。そのため、妊娠や婦人科で診てもらうような病気になると、膀胱や尿道が押され、尿失禁をおこす原因の一つになります。 

便秘や冷え性
女性に多いこれらの症状も原因になることがあります。

痔の種類

痔には下記の種類があります。

  • いぼ痔
    イボ痔には2種類あり、肛門の中ほどからやや奥に、波形をした線があり、この線の上側(直腸側)にうっ血してできるイボ状になったものを内痔核(イボ痔)、下側(肛門側)にできるものを外痔核(イボ痔)といいます。

  • 裂肛(切れ痔)
    かたく太い便を繰り返し排出している際に、肛門の出口が切れ、強い痛みに襲われる。これが、切れ痔といわれます。


  • 痔ろう(あな痔)
    肛門の中ほどから奥の歯状線にある肛門小窩というくぼみの中に、下痢などをして便中の細菌が入り、炎症を起こしてしまいます。炎症は、肛門線からしだいに奥へと進み、化膿して肛門のまわりに膿のたまり(肛門周囲膿瘍)を作るようになります。

痔の原因・・・

便秘
便秘になると、腸内に便がたまり、肛門部を圧迫するようになります。血行が悪くなります。さらに、排便時に必要以上に力む事になり、いぼ痔や切れ痔の原因になります。

精神的な面でも痔の原因
精神が優れないと免疫力が低下しますので、痔に対してもよくありません。特にあな痔(痔ろう)は細菌の感染で引き起こされますので、精神面の安定や睡眠を十分とるようにしてください。

下痢
下痢は直腸粘膜や肛門部を化学的に刺激します。排便に勢いもあるので、キズが出来る原因にもなります。下痢の時に、なぜか肛門が痛くなることがあると思いますが、このような事が原因です。下痢によって肛門部のくぼみに付着した便は、あな痔(痔ろう)の大きな原因になります。

デスクワークなどでの同じ姿勢
同じ姿勢で座り続けると、肛門部がうっ血して、いぼ痔の原因となります。少なくとも30分に一度はリラックスして、全身の血行が良くなるようにしたいですね。いぼ痔の大きな要因がこれです。

冷え
冷えも、肛門部のうっ血を招きます。冷え性の方は、特に下半身を冷やさないようにしたいですね。また、入浴は冷えに最も効果があります。毎日お風呂に入るようにしましょう。

いつも清潔
不潔なのは痔の元になるので、肛門をウォシュレットで洗って下さい。ウォシュレットがない方は、消毒液をトイレットペーパーに付けて拭くのも効果があります。

刺激物はよくありません
タバコはよくありません。血管を収縮させる作用がありますので痔にはよくありません。また、アルコールの飲み過ぎや辛い物は、肛門部を刺激するため、避けるほうがよいでしょう。

このページの上へ