液状化細胞診検査について

八木クリニックでは、

液状化細胞診検査とは

液状化細胞診検査当院では、子宮頸がんの発症原因となるHPV(ヒトパピローマウィルス)をよりスピーディかつ正確に診断する為の液状化細胞診(Liquid Based Cytology : LBC)を導入しております。
導入により、多くの検体を受け入れております。
 ⇒子宮頸がんや、HPVについてはこちら

検体とは、検査の材料。血液・髄液・尿や組織の一部などを言います。

液状化細胞診は、細胞診における細胞検体処理法の一つで、採取した細胞診検体を保存液中に分散させ、細胞をスライドガラス上へ薄く転写する細胞診用の標本作製方法です。
液状化細胞診を用いた細胞診は、手間が少なく細胞診全体における精度の向上にも期待されています。

患者様のメリット
  • HPV検査を併用することによって、悪性細胞がほぼ100%発見する事ができる。
  • 患者様への負担は今までと変わらずに、一度の採取で細胞診とHPV簡易ジェノタイプ判定が可能
医院側のメリット
  • 採取された細胞を特殊溶液に集めることにより確実な細胞を採取する事ができる。
  • 容器や溶液が工夫しているので、病気による生体の変化が観察しやすい
  • 細胞診標本の出来上がりの差が少なく、細胞診標本を得ることができる。

このページの上へ