1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 尿失禁について

尿失禁とは

尿失禁とは・・・

正常の排尿は、無意識の状態で尿を膀胱に保持(蓄尿)し、尿意を覚えた時、または尿意を覚えなくとも意識的に尿を排出(排尿)することができる事をいい。 
尿失禁とは、これらの機能が損なわれた状態(自分の意志とは関係なく尿がもれてしまう)を指し、加えてこれにより社会的・衛生的に支障を生ずるものと定義づけられています。

尿失禁の種類と原因疾患

種類 機構 原因疾患
腹圧性尿失禁 括約筋軽度不全のため、腹圧上昇時(せき、くしゃみなど)に少量の尿が漏れる ・妊娠や分娩(多い)
・運動不足
切迫性尿失禁 膀胱が過敏状態にあり、強い尿意により耐え切れず尿が流出する ・膀胱炎
・神経因性膀胱
・能血肝障害
溢流性尿失禁 慢性不完全尿閉で残尿量が大量になると膀胱内圧が上昇し、尿道内圧より高くなった時に尿が漏れる ・前立腺肥大症
・高度の尿道狭搾
・神経因性膀胱
反射性尿失禁 上位・下位排尿中枢の間で連絡不全があり、尿意がなく、排尿筋の無抑制収縮が起こる ・仙髄排尿中枢により上位の脊髄損傷

腹圧性尿失禁の病態

クシャミなどによる生理的な反射や階段の昇り降りなどの動作がきっかけとなり、お腹に圧力が加わったときにおきる尿失禁を腹圧性尿失禁といいます。女性の4割を超える2000万人以上が悩まされているといわれています。なぜ女性に多いのか?・・・それは、女性特有の体の構造にあります。

尿道が短く、前立腺がないため、括約筋が弱い。
男性の尿道は25cmなのに対し、女性は4cmしかなく、尿道を閉める前立腺がありません。さらに、尿道を閉める役割をもつ括約筋がもともと弱いのです。 
泌尿器をささえている筋肉が弱い

女性には骨盤底筋群といって泌尿器をはじめ、膣や子宮、直腸などをハンモック状に吊り上げている大切な筋肉があります。女性の陰部は、尿道口や膣口も含めて男性のそれと比べると「開く」構造になっているため、どうしても筋肉をひき締める力は弱くなってしまいます。

いったん筋肉が緩むと、膀胱や尿道は、お尻のほうへ下がりぎみになります。その結果、尿道の閉まりが悪くなり、尿がもれやすくなります。
骨盤底筋群は、特にお産や肥満によって、また、歳をとるにつれて緩む傾向があります。

膣と子宮の存在
子宮は膀胱にのしかかるように、膣は尿道に寄り沿うように位置しています。そのため、妊娠や婦人科で診てもらうような病気になると、膀胱や尿道が押され、尿失禁をおこす原因の一つになります。 

便秘や冷え性
女性に多いこれらの症状も原因になることがあります。

このページの上へ