ピル外来・緊急避妊ピル

ピルとは

望まない妊娠を防ぎ、多くの生理トラブルから開放されるお薬…
それが【OC(ピル)】です!

ピルを服用すると、ほぼ確実に避妊することができ、望まない妊娠を避けることができます。
では、なぜピルにそのような避妊効果があるのでしょうか?

まず、ピルがどのようなものなのかを紹介します。

ピルは排卵や生理を調整するための二つの女性ホルモン(エストロゲン)と(プロゲステロン)からなる錠剤です。

ピルに含まれるホルモンと卵巣で作られるものはほぼ同じ構造なので、服用していると脳は「ホルモンが分泌されている」と勘違いし、排卵を促す指令を出さなくなります。

その結果、排卵がストップし避妊が可能になるわけです。排卵が止まるといっても服用している間だけで、服用をやめれば短期間で排卵が再開し、卵巣や卵の性質には影響を及ぼしません。

ただし、ピルを服用したからといって妊娠する機能がなくなるのではなく、あくまで脳に妊娠したと錯覚させ“子宮を休養させる”のです。
また、避妊具としての効能には、“子宮内膜を着床に適する状態にしない”ということがあります。
どういう事かというと、受精卵が着床するためには厚くて柔らかな子宮内膜が必要になりますが、ピルを服用すると子宮内膜が十分な厚さにならないので、妊娠するのに必要な働きをしないという事になります。

そのほか、性ホルモンを変化させるだけではなく子宮頸管粘膜も変化させて精子の侵入を妨げるなど、多重的な仕組みによって避妊します。 
ピルとは
日本はピル後進国です。低用量ピルが1999年に日本で認可されても、その状況はあまり変化していません。日本がピル後進国なのは、認可が大幅に遅れたとか、普及率が低いからだけではありません。
ピルについての偏見が非常に強いからピル後進国なのです。 
ピルは、「太る」「副作用が怖い」などの先入観からまだまだ敬遠されがちですが、欧米では「女性の意思で妊娠をコントロールできる避妊法」として広く認知されており、正しく服用すれば、ほぼ100%避妊できます。現在日本で使用できる方法の中でもっとも信頼のできる避妊法です。

効用・副作用 3つの効果で避妊

排卵のストップ

OCを服用すると、卵巣ホルモン(エストロゲン、プロゲストーゲン)が血液中を循環します。
血液中に十分な濃度の卵巣ホルモンが満たされていると脳がごまかされます。(偽妊娠状態)
脳が、「卵巣を刺激しホルモン分泌を促す必要がない」と判断して、卵巣からの排卵が抑制されます。

精子の子宮内進入の抑止

「プロゲストーゲン」の働きで、子宮頸管粘液の性状が変化して(粘性を高める)、精子を子宮内に入りにくくします。

受精卵着床の抑止

OC服用で子宮内膜が薄くなり、たとえ排卵が起きた場合でも、受精卵が着床しにくい状態になり、妊娠を防ぎます。

正しく服用すると、ほぼ100%の高い避妊効果が得られます。 
避妊効果が下がる原因は、 飲み忘れ、ひどい下痢などの病気、他の薬との組合わせ、ハーブなどのお茶の大量摂取があります。

うれしい服効用

ピルは、確実な避妊効果のほかに、さまざまな副効用があります。

生理に関連した副効用

  • 月経困難症(生理痛)の軽減
  • 月経血量の減少による貧血の改善
  • 月経不順の改善
  • 子宮内膜症の予防と改善

ホルモンバランスの改善による副効用

  • 月経前症状(PMS)の軽減
  • にきび・多毛などの改善
  • 更年期症状の予防

排卵を抑えることによる副効用

  • 卵巣がんの予防
  • 卵巣嚢腫の減少
  • 子宮外妊娠の減少

長期服用による副効用

  • 乳房良性疾患の予防
  • 骨盤内感染症の予防
  • 子宮体がんの予防

ピルにはさまざまな副効用がありますが、どれを見てもいいことばかりだと思います。ただし、このようなメリットが得られるのは、あくまで正しく服用した場合です。

適当に服用した場合は、効果を得られないだけではなく、副作用も現れてしまいます。ピルと上手に付き合っていくためにも、きちんと決まりを守って服用しましょう。

気になる副作用

ピルの副作用として、妊娠初期に似た症状が現れる場合があります。よく、ピル=副作用というイメージが付きまといますが、それはピルに限ったことではありません。

例えば、ドラッグストアなどで販売されている風邪薬を思い浮かべてみてください。その風邪薬には説明書がついており、必ず副作用について記載されています。

そして、その症状が現れたら服用を中止し、医師に相談するように書かれています。目薬や便秘薬なんかも、もちろん同じです。ピルもそれらの薬と同じだと考えて下さい。

決して危険なお薬ではないのです。もしもピルがそこまで危険なものならば、ここまで世界中に普及しませんよね。

個人差はありますが、服用開始1~2ヶ月は下記のような副作用がでる場合があります。

  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 不正出血
  • 頭痛
  • 乳房の張りなど

食欲が増します
副作用を訴える人もいますが、症状の多くは1~2ヶ月で軽減します。
太ることを心配される方が多いですが、ほとんどの女性は変化が見られません。

むしろ、ピルを服用することにより体調がよくなり、その結果、食欲が増すという傾向にあるようです。

初めてピルを飲み始めるには?

生理初日からの服用開始

基本は、生理初日から飲み始めます。生理初日から飲み始めると、その日から避妊効果が得られます。
生理初日から服用を始めたとき、この時の生理は生理痛も普段通りですし、経血量も変わらないでしょう。
極稀に、この生理が軽くなったり、経血量が少なくなったりすることがあります。このような場合、不正出血が起きたり、次の生理が重くなったりする場合があります。

【注意】
不正出血などを生理初日と勘違いして飲み始めると確実な避妊効果が得られない場合がありますので、初めて飲み始める場合は、念のため2週間は他の避妊法を併用することをお勧めします。

生理初日っていつ?

生理初日というのは、生理が始まってから24時間以内をいいます。日付をまたいでも24時間以内であれば、生理初日と考えて差し支えありません。 

朝起きて生理が始まっていることに気づいたら、いつ始まったのかわかりませんね。その場合は、前日の就寝時刻に始まったと考えます。そうすれば最大24時間以内の服用開始になります。 

どこから生理の始まりかわからないと方もいます。よくわからない場合は、はっきりとした出血が始まってから服用を開始し、2週間は他の避妊法を併用するようにします。

低用量ピルの種類と服用方法

低用量ピルには、21錠タイプ28錠タイプがあります。

21錠タイプ・28錠タイプどちらも、実薬が21錠であることに変わりはありません。
28錠タイプでは、飲み忘れを防ぐため及び毎日服用する習慣をつけるために、7錠の偽薬がついています。

偽薬服用中が休薬期間になります。なお、28錠タイプの7錠の偽薬は飲み忘れても、効果に影響はありません。

21錠タイプ

毎日、決まった時間に1錠ずつ21日間服用し、その後7日間服用を休止するタイプです。 
最後の錠剤を飲み終えた後、7日間の休薬期間中に生理のような出血があります。 
この28日を1周期として7日間のお休みが終わった翌日から新しいシートの服用を開始します。

21日間服用⇒7日間休薬 (薬を服用しない期間があります

28錠タイプ

飲み忘れを防ぐために最後の7錠はホルモンの入っていない偽薬(プラセボ錠)がついたタイプです。 
毎日、決まった時間に1錠ずつ28日間服用し続けます。 
偽薬(プラセボ錠)服用中に生理のような出血があります。 
この28日間すべて服用したら翌日から続けて新しいシートの服用を開始します。

28日間服用⇒休薬なし (続けて服用するので、飲み忘れが防げます)

1日(1回分)飲み忘れた場合

気づいた時に直ちにのみ忘れた1錠を服用し、その日の分も通常通りに服用させる。
つまり、その日は2錠を服用することになります。
飲み忘れた時から丁度24時間経っている場合は、忘れた分とその日の分の合わせて2錠一緒に服用することになります。

2日(2回分)飲み忘れた場合

飲み忘れが2日以上連続した場合は、そのシートの残りの錠剤を服用することをやめて、次の生理を待って再度、新しいシートで服用を開始してください。
この場合、次の新しいシートの服用開始までは妊娠する可能性も考えられますので、他の避妊法を併用するようにしてください。

偽薬(プラセボ錠)を飲み忘れた場合

飲み忘れても、特に問題ありません。
※間違わないように飲み忘れた分は、飲んだつもりで破棄しておきましょう。

その他の注意点

  • 飲んだ後にもし吐いてしまった時、2時間以内なら翌日の分を服用してください。
    2時間以上経って吐いた場合は、すでに吸収されていますので心配要りません。 
  • 飲み始めて生理の量が少なくても避妊効果はあるため、途中でやめたりしないで飲み続けてください。
  • 一般的に休薬期間または偽薬(プラセボ錠)を飲み始めて、2~3日で生理のような出血が始ります。
    生理の量にかかわらず休薬期間または偽薬(プラセボ錠)を飲み終わったら、新しいシートを開始してください。

Q&A

  1. 1. ピル服用期間中に風邪薬を服用しても大丈夫でしょうか?
    大丈夫です。
    基本的に、ピルは他のお薬と併用していただいて大丈夫です。
    念のため、医師にかかる場合は「ピル服用中です。」とお伝えください。。
  2. 2. ピル服用を始めて9日目なのですが、出血がだらだら続いていますが、大丈夫ですか?
    大丈夫です。
    1シート目は不正出血する場合が多く、副作用だと思われます。
    気になさらずに頑張って服用を続けてください。
  3. 3. ピルはどう作用し、避妊を可能にするのですか?
    ピルは、卵巣・子宮内膜・子宮頸管に直接的、間接的に作用して避妊効果を高める避妊薬です。
  4. 4. ピルは薬局で買う事が出来ますか?
    いいえ出来ません。
    医師の処方無しでは、ピルを買うことは出来ません。
  5. 5. 授乳中もピルを服用出来ますか?
    産後6ヶ月間、あるいは離乳が行われるまでは使用を控えた方が良いとされています。
  6. 6. ピルにはどの様な副作用があるのですか?
    低用量ピルでは極めて少ないです。
    個人差はありますが、マイナートラブルとして吐き気・めまい・乳房が張る・頭痛・不正出血・消退出血・憂うつ感などの症状が指摘されています。
    これらの症状の多くは2~3ヶ月でおさまります。
  7. 7. ピルを長期間服用して服用を中止した後、生理はキチンと回復するのですか?
    また、中止後は妊娠する可能性がありますか?
    服用前から正常な生理周期が確立していれば、95パーセント以上の女性は服用中止3ヶ月後には正常に生理が再開すると言われています。
    服用中止後は排卵が起こり、妊娠の可能性があります。
  8. 5. 休薬期間(ホルモン剤の入っていない錠剤)中は避妊効果はありますか?
    はい、あります。
    ただし正しく服用し、飲み忘れがなければ大丈夫です。

生理ずらしって?

生理ずらし旅行・受験・就職面接・・・大切な日に生理くると、腹痛・腰痛と体調が悪く感じたり気分が重くなってくることが多いと思います。

女性にとって、結婚式や海外旅行など大事なスケジュールに生理がきてほしくないって時に生理日を変更させる事ができます!

成人女性の生理は、28~30日前後の周期で規則的におこり、生理が順調に来る女性では、次の生理がいつ頃になるか予想がつきます。
予定が決まったら早めに受診を!遅くても予定の1週間前までにご来院して下さい。

気軽に生理をずらせる「ピル」をご存知ですか?

自分自身で生理をコントロールすることができます。
ピルを処方するためには、診察を行いピルの使い方をご説明させていただきます。

成人女性の生理は、28~30日前後の周期で規則的におこり、生理が順調に来る女性では、次の生理がいつ頃になるか予想がつきます。

予定が決まったら早めに受診を!遅くても予定の1週間前までにご来院して下さい。

生理日変更の方法

生理日変更の方法には、低用量ピルと中用量ピルを使用する2つの方法に加え、早める方法と遅らせる2つの方法があります。

低用量ピルを服用されている方

すでに低用量ピルを服用されている方は、低用量ピルを使用して生理日を簡単に変更することが可能です。 服用されているピルの種類によって、変更方法が異なりますので詳しくは当クリニックにご相談下さい。

ピルを服用されていない方

中用量ピルを使用して生理日を変更します。
詳しい変更方法につきましては、ご来院の上、当クリニックにご相談下さい。

このページの上へ