1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 小陰唇縮小手術

小陰唇縮小手術

小陰唇縮小手術

女性器である小陰唇に関して、ほとんどのお悩みは、

大きくなった小陰唇を小さくしたい
色や形をキレイにしたい

などがあります。

また、「黒ずみ」も手術である程度、黒ずみの部分も切除しますのであまり気にならなくなります。

小陰唇が大きい、または左右の大きさが違う場合、余分な組織を切除し縮小する手術です。
小陰唇は元々、血流がよく、しかも粘膜状の組織なので回復が早く手術跡も目立ちにくいです。
人に気付かれる事は、まず少ないと思われます。

原 因

男性の経験が多いと大きくなり、黒ずみが強くなると言われておりますが、そんな事はございません。遺伝性もありますが、出産の際に小陰唇が損傷し左右が不ぞろいになる場合もあります。
小陰唇が大きい場合、下着などの摩擦により恥垢が溜まって臭いの原因になったり、炎症を起こす原因になります。

症 状

  • 小陰唇 症状小陰唇が大きく、外陰部に痛みや違和感、かゆみなどがある
  • 左右の形や大きさが違う
  • 小陰唇の色が黒い、小陰唇にシワが多く黒っぽい
  • 尿の飛び方に違和感がある


治療の流れ

1.手術前に

小陰唇の形や大きさを確認し、ご希望に沿うようなデザインをご相談します。
手術前日には剃毛はしなくても構いませんが、清潔にして頂くようお願いします。

2.手術日当日

麻酔は、切除する部分よりやや広めに行います。麻酔を注入する際にチクッとした痛みはあります。手術中は、麻酔の効果により痛みはありません。
ご希望のデザインになるよう余分な部分を切除して丁寧に縫合します。
抜糸の必要のない吸収糸を使用しますので局所の炎症を最小にでき、傷跡の心配もほとんどありません。

3.アフターケア

当クリニックでは、手術後に検診を受けていただいております。

費 用

小陰唇縮小手術(片側) : お気軽にお問い合わせ下さい。
小陰唇縮小手術(両側) : お気軽にお問い合わせ下さい。
※術後のお薬代は、別途費用がかかります。

お気軽にご相談下さい小陰唇縮小手術は保険が適用されませんので、費用と期間については十分な説明をさせていただきます。

ご質問等もお受けいたしてますのでお気軽にご相談ください。
小陰唇縮小手術の場合、クリトリス包茎形成も必要な場合があります。受診の際、お気軽にご相談下さい。

その際は、クリトリス包茎形成手術の料金が別途必要となります。

このページの上へ