1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 子宮脱について

子宮脱について

子宮脱

性器脱の中で子宮そのものが下がってきたものが、「子宮脱」で、軽いものを含めると、お産の経験のある女性の2人に1人は子宮脱になると言われています。

下がり具合が軽度で子宮が腟の出口から飛び出てこないものは「子宮下垂」といいますが、腟の出口から子宮が飛び出てきてしまった状態が「子宮脱」です。 

子宮は腟の壁とつながっているため、子宮が下がれば当然腟の壁もめくれたように外に飛び出てきます。子宮脱とは

子宮脱の原因

子宮脱は、正常の子宮位置よりも下方に落ち込んだ状態で、下降に伴い膣の下垂・脱出が合併します。
発症の要因として、 
・出産による骨盤を支える靱帯へのダメージ
・閉経後のエストロゲン低下による靱帯や筋の弛緩
などが、挙げられ、主に高齢多産婦に好発すると言われています。

子宮脱の治療

  • 骨盤低筋訓練
  • ペッサリー療法
  • ホルモン療法
  • 手術療法

このページの上へ