1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンとは

子宮頸がん予防ワクチンには2種類あります。

現在、日本で接種できる子宮頸がんの予防ワクチンには、種類があります。 

一つは、HPV16型と18型の2つの型に対して感染予防効果を持つものです。 

もう一つはHPV16型、18型に加えて、尖圭コンジローマの原因となる6型、11型と、4つの型に対して感染予防効果を持つものです。

子宮頸がん予防ワクチン『ガーダシル』

GARDASIL (ガーダシル)はヒト・パピローマウィルス(HPV)のうち 6型, 11型, 16型, 18型が関与して起こりうる次の疾患の予防に役立つ予防接種です。それ以外の型のウィルスや原因でなる病気の予防には全く効果がありません。

【予防できる病気】

  • 子宮頸ガン
  • 子宮頸部の前癌病変や異形細胞病変
  • 膣の前癌病変や異形細胞病変
  • 陰唇の前癌病変や異形細胞病変
  • 尖圭コンジローマ

子宮頸がん予防ワクチンは、半年間に3回接種することにより、十分な予防効果が得られます。必ず同じ種類のワクチンを3回接種してください。


ガーダシル接種回数
このワクチンは、子宮頸がんの原因となりやすいHPV16型とHPV18型のウイルスに対する抗体をつくらせるとともに、尖圭コガーダシルワクチンンジローマの原因となりやすいHPV6型、HPV11型のウイスルに対する抗体もつくらせるワクチンです。

なお、このワクチンに含まれるウイルスには中身(遺伝子)がないので、接種しても感染することはありません。

子宮頸がん予防ワクチン『サーバリックス』

サーバリックス子宮頸がん予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されているHPV16型と18型の感染を防ぐワクチンで、海外ではすでに100カ国以上で使用されています。日本では2009年10月に承認され、一般の医療機関で接種することができるようになりました。

このページの上へ